ご案内

長壽院の縁起

 福島県いわき市好間町北好間(よしままちきたよしま)、常磐自動車道いわき中央インター出口から国道49号線を郡山方面に目を移すと、約200m先の国道沿いに好間山長壽院の本堂やふもとから山中腹までの墓地を目にすることができます。

 東日本大震災の影響を少なからず受け、地盤のゆがみにより、道路沿いの石塔は傾き、墓地も波をうったままとなって手の施しようがないまま現在に至っており、その爪痕として震災の大きさを物語っています。

 正確な資料は残っておりませんが、大同元年(806年)の開創で、当初は堂田山光蔵院と呼ばれ、薬王寺(現いわき市四倉)の末寺と伝えられています(以降長壽院と号された経緯は不明)。

 明治の初め、高野(こうや:現いわき市内郷)にあった長壽院(当時は西小川の宝聚院の末寺)を移築して再興し、現在の好間山長壽院と号したと言われています。過去帳は元禄年間(1688~1703)からのものが保存され、それによって現在の本堂は安政元年(1854)の建立であることがわかる。明治政府の「神仏分離令」(俗に言う「廃仏毀釈」)や「上知令」といった仏教弾圧により廃寺となった寺や、それらの僧侶はほとんどが農業に変わったので、再興できずに墓地だけのお寺は、近隣だけでも、下好間、中好間、大利(おおり)、榊小屋(さかきごや)、今新田(いまにいだ)、川中子(かわなご)の7ヶ寺もあり、全て部落管理の墓地となっています。

 長壽院においては、現存する再興の許可書(引寺之儀二付願)によれば、明治4年元光蔵院、その後の高野村長壽院の時代に廃寺となり、再興の手続きにより、当時の北好間村の尊重であった北田喜四郎氏の土地に移築、明治11年に再興が認められたことがわかる。また本資料によれば、栗川村(現いわき市小 川町)宝聚院住職舘喜英氏、赤井村常福寺住職武田亮覚氏の署名があることから、再興時の住職はいずれかの兼務で成り立っていたと推測されます。(本資料に当時の専任住職らしき名前が無いことによる。)

大久保大量氏 明治43年9月5日亡。賽衆寺の住職を経て入寺(入寺時期不明)。
楠正隆 大正12年7月まで従事。現勝行院住職楠宗融氏の祖父。
白土賢隆 大正12年7月より住職として入寺。昭和33年10月19日亡。
小谷松芳隆 当時密蔵院住職。昭和37年9月までの兼務住職。前住職賢隆氏の妻白土ミツの実兄。なお、密蔵院は現在住職不在の為白土和男氏が兼務している。
白土和男 昭和37年9月~現職。

長壽院について

名称 長壽院
宗派 真言宗智山派
総本山 智積院
所在地 〒970-1145
福島県いわき市好間町北好間槐作12
連絡先 0246-36-2814

法要・供養

年間行事